前を見据えて動く

126_445_pc_20130711115640_Lee

From:リー・ミルティア

不況、不況と鳴らしたてる
メディアのせいで、
気弱になっていますか?

今の仕事、
自分のキャリアや事業は
今度どうなるのだろうと心配ばかりして
自分の時間を無駄に使っていませんか?

状況がよくなってから
行動しようと思っていませんか?

現実の大きな変化に
圧倒されているのは
皆さんだけではありません。

そして、皆さんのせいで、
変化とカオスがうずめく世の中に
なったのではありません。

今こそカオスから抜け出し、
自分の人生を取り戻しましょう!

ジェームス・アレンは
彼の著書『「原因」と「結果」の法則』の中で
「環境が人を作るのではなく、環境によって己を知る」
と、書いています。

今度失敗や敗北を味わった時、
思い出してください。

自分では革命的な変化や
不愉快な状況はコントロールできないが、
その状況に対する自分の反応は
コントロールできることを。

全ての逆境や、苦悩に必ずある
チャンスの種を探し出し、
それを実行してください。

人生に振り回されるのではなく、
人生を切り開いていこうと
自分で決めなければいけません。

外部の状況ではなく、
自分の価値観や目標で
物事を決めなければいけません。

内面から人としての
大きさが分かります。

だから、自分自身の才能や能力を
今日から最大限活かしてください。

先を読みながら理性で
感情をコントロールし、
自分のパワーを感じ、
自己責任で将来を迎えるためには、

日々の暮らしの中でビジョンを
作らなければいけません。

自分が自分を大切にしなければ、
一体だれが自分を大切に
してくれるのでしょうか?

効果的に変化に対応するには、
自分の認知力に一石を
投じなければいけません。

「新しいアイデアを
受け入れようとしない。」

これはつまり、何も考える前に
新しい思考を拒絶することです。

私たちは、未来と過去を
同じように考えます。
人生について古い考え方をしていると、
自分のビジョンを狭めてしまいます。

問題を全体像で考えようと
人間はしてこなかったために、
新しい方法を無視し、従来の考え方に
固執する傾向があります。

私たちが持っている
メンタルや感情的な姿勢は、
昔からの習慣によって
形成されてきた事を
理解しなければいけません。

変化を快く受け入れれば、
これからの新手法や
挑戦が楽しみになります。

今までの考え方にこだわり、
新しいものにトライしなければ、
成長や新しいソリューションの
リアルなチャンスの芽を
摘んでしまいます。

固定観念を持っていては、
現在の新しい社会に、
上手に対応できなくなります。

自分のパワーを大切にし、
人生と上手に向き合えば、
変化から生じる裏切りや
ストレスが少なくなります。

「昔はこうだったから、こうあるべき」という
古い考えをいつまでも
持ち続けていると、
新しいソリューションから
自分を遠ざけてしまいます。

自分に聞いてください。

自分を大事にし、
最高の人生にするために、
今何をしているのか?

前向きに生きていくために、
今何をしているのか?

逆境や苦悩の時、
自分のための
サポートシステムはあるのか?
変化についてどう感じているのか?

将来を見据えて、
前向きに生きなければいけません!

がんばりましょう
リー・ミルティア

PS.
直感の精度を高めるためには
知識を高める事も大切です。
彼のアドバイスにもあなたが成功する
ヒントがたくさん詰まっています。
↓  ↓  ↓
http://www.nextleader.jp/wow/sean/

本日で、ハロウィンSALEは終了です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>