インサイド・アウト

若くて自由で、想像力も果てしなかった頃、
世の中を変えるのが私の夢だった。

年をとって賢くなるにつれ、
世の中は変わらないことに気がついた。

そこで少し視野を狭め、
自分の国だけを変えることにした。

だが、国も微動だにしないようだった。

人生の黄昏にさしかかり、
私の家族や身近な人だけでも変えようと、
最後の力を振り絞ってみた。

ところが、ああ、
だれも言うことを聞いてはくれない。

そして、死の床に就いた今、
私は気付いた(恐らく、生まれて初めて)。

まず自分自身を変えていれば、
家族も私を見習ったのではないかと。

家族に励まされて、支えられて、
自分の国をよくすることが
できたのではないかと。

もしかしたら、
私も世界を変えていたかも
しれないのだ。

ーある英国国教会の司教(「7つの習慣ティーンズ」より引用)

==========

自分のコントロール外のことを
コントロールしようとしない。

まずは自分から。

メンターが僕に最初に教えてくれたのは
そんな小さなことでした。

しかし、それで僕の人生はスゴく
楽なものになったのものです。

あなたも人生を変えようと思うなら、
他人ではなくまずは自分のことから
始めてみませんか?

アウトサイド・インではなく、
インサイド・アウトの考えで。。。

あなたはこの言葉から
どんなメッセージを受け取りますか?

ー磯貝優

追伸:
「7つの習慣セルフスタディDVD」を
通じてあなたは、インサイドアウト以外にも
たくさんの素晴らしいことを学べます。
https://www.the7habits.jp/freevideo/

15 thoughts on “インサイド・アウト

  1. そうですよね! まずは自分から。
    朝から大変すがすがしい気持ちになれました。
    ありがとうございました!!

  2. 新聞もニュースも毎日モチベーションが上がるようなことは報道しませんよね。
    そんな世の中何とかしたいと思っても自分はあまりにも非力です。
    しかし自分自身はコントロールできます。
    まずはそこから

  3. 音楽の世界で言えば、

    「神曲」‼ の様な印象を受けました。

    ありがとうございます。

  4. 母の言葉を思い出します
    私が、友達を変えようとして相談していた時。
    「誰かを変えようとしたってダメ。
     自分が変わりなさい」
    それからは世界が変わりましたね。

  5. 先ず自分自身のことから。
    改めてその大切さを思い起こさせて頂きました。
    有難うございます。
    その実現のためには、自分との約束を守るという大切な、且つ強い覚悟も必要です。
    100%できなくても、まあいいか、という自分への適切な寛容さも必要ですが。

  6. 私にも、そんなことを助言してくれるメンターがいたらな!

    と思います!

  7. 素晴らしい言葉です。

    僕たちは、まだ死の床についていない!
    今気づくことができて、サイコーにラッキーです。

    先人の知恵は、たくさん本を読んで吸収していきましょう。
    僕たちは、その先へ進化していくのですから。

  8. まずは自分が実践しないと駄目ですね
    私が生活サイクルを変えていくと、周りにも伝播していきました
    いいことです

  9. 逆に言えば、無自覚で生きていると、他人から影響されて自分も変わったりしながら生きて
    きた訳ですよね。
    それに気付いて、影響されたくない人からの力をうまく受け流し、
    影響されたい人からの影響をうまく吸収して、自分を進めていけばいいと思います。
    そういう視点に立てば、感謝の念しか沸いてきません。

    「他者に影響を与えよう」という動機より、
    「自分で自分にいい影響を与える」ことが大事ですね。

  10. 素晴らしい言葉、ありがとうございました。
    ↑書き忘れました笑。

  11. 人間のことを知りたいなら、自分を見つめるのが、一番手っ取り早いです。
    ネガティブな経験は、それをチャンスにするかぎり、ポジティブな経験より貴重です。

  12. 「社会を変えたい」という思いは素晴らしいし、間違っていません。問題は自己満足でない着実な方法は、自分自身が変わること。
    経済力、発言力、影響力、そして人間的魅力。さらには人脈。そういう総合力を磨き鍛えて、社会変革を叫んだほうが人も聞くし、リーダーシップも執れます。
    説得力も違います。
    一度でも組織を変えようと行動を起こした人なら、それが不可能に近い困難なことであることは、わかっていると思います。
    いち企業を変えるのも大変。ましてや一国となると、途方もないことです。
    しかし、そこで諦めたら、だれも社会悪と厳しく対決する人がいなくなってしまうから、社会変革の情熱は間違っていないと思います。

  13. 先日、云ってもらったばかりです。

    「UEZONOさん、『過去と人は変えられない』そうですよ」^^

    そして今日、、、

    ありがとうございます。

  14. 以前の私も周りを自分の考えに
    従わせようと、
    周りばかり変えようと奮起していました

    しかし、結果は惨敗…

    それからは、周りを変えるのではなく、
    自分を変えることに焦点を当て、
    行動しています

    そっちの方が断然楽ですね!

    これからもどんどん自分を変えようと
    思います

    ありがとうございます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>