間違いのない人事採用


少し前に聞いた話。
何の本だったかオーディオテープか忘れてけれど、
そこで「採用」に関する面白いことが話されていた。
 
それは、人を雇うときに、その条件を満たしていれば、
”ハズレ”がないというもの。
 
つまり、その条件を満たしていれば、
その人は、素直で一生懸命働くし、
採用しても間違いがないというもの。。
 
僕自身、今は人を面接するということは、
していないので、面接、採用に関しては素人ですが、
この条件を聞いたときには、「なるほど」と
唸るほど、とても説得力のあるモノでした。
 
その条件は一言で言えるとてもシンプルなもの。
 
あなたは、想像が付きますか?
その条件。。
 

ハズレの無い条件とは、、、

それは、
「ご実家がお店や自営業をされている」
 
と、いうことなんです。
 
確かに、実際に商売をされているご家庭であれば、
その大変さというか、厳しさというもの、
そして、それでも自分のやりたい仕事をすることの
楽しさ、などを常に身近に感じて育ってこられてきたでしょう。
 
僕たちの多くが、親の仕事というものは、
どこか遠くの世界の出来事にように、
実感がなく育てられていた事かと思います。
 
その時点で、仕事に対する考え方が全く違うわけです。

心に残る言葉

僕の好きな言葉に、こんな言葉があります。
 
「プロは初日からプロ」
 
キャリアが長いからスゴいのではありませんよね。
毎日100%の力を出して仕事をしている3年目の人。
毎日50%の力でしか仕事をしていない10年目の人。
 
どちらが、より多くの事を学び、成長し、
実績を上げているのでしょうか?
そして、もしあなたが新入社員であれば、どちらの人から
仕事を学びたいと思うのでしょうか?
 
結果を出す人とは、キャリアが、経験が長い人ではありません。
一生懸命努力する人です。
 
なんとなく、成功している人に対して、優雅なイメージを
持ってしまいます。楽に成功しているように見えます。
 
しかし、成功している人は皆、例外無く、
一生懸命努力しているのです。
 
ネクストリーダー。
つまり、次の時代を担うためにも、今いる自分たちのポジションで、
一生懸命努力していきましょう。
 
 
ー飯村匡博
 
 
PS:とはいえ、必ずしも朝から晩まで額に汗水たらして、
働けというわけではありませんよ
楽しみながら、努力して結果を出すもできるんです。
http://www.drmaltz.jp/zrl/mc/zrl_mc_letter2.php

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

13 thoughts on “間違いのない人事採用

  1. なるほど!私はサラリーマン家庭で育ちましたから、自営をする身になった今、今日のメルマガ
    とても納得いたします。
    お勤めをしていた頃は、雇い主のことをまったく理解できなかったです。
    自営をしている今、大変なこともありますが、やりがいがあり、自分を育ててくれるいいメルマガに
    出会え、勤めていた頃よりも充実しています。
    これからも楽しみにしています。

    1. slm arkadaÅŸlar bu hastalık bende 7-8 senedir var kötü oldugum zaman ilaç kullanıyorum kendimi iyi hissetmeye baÅŸladıgım zaman bırakıyorum ilaçları ama dün gece gene çok fenalaÅŸtım hastanede hemen sakinleÅŸtirici vurdular kendime geldim nasıl kurtulacaz bu hastalıktan.eklerseniz sevinirim belki birbirimize söyleyecegimiz biÅŸeyler vams2±r.donergorkerÄ4@hot.

  2. >ご実家がお店や自営業をされている

    何となくわかるような気がします。
    考え方がすでに経営者になってるのかも(o・ω・)人(・ω・o) ネ!
    静香は夫がサラリーマンを辞めて自営業をやってから
    サラリーマンと経営者の違いを学んでいます。

    これからもどんどん努力を重ねてきま~す(*^_^*)

  3. 事業主として勉強し、実践している今、自分の1秒をお金に置き換えたらいくらか?
    という質問を、自分にします。
    自分の感覚のみで考えるなら100円です。
    これを自覚すると、時間管理もできるようになってきました。
    刻々と過ぎゆく時間の重さを実感できます。
    このような自分になってしまうと、一緒に仕事をする人は、既にこの意識をお持ちの方か、この意識を素直に受け入れられる人か、になりますね。

  4. 会社などの組織に属していれば、
    極論から言えば与えられたことを
    こなしておけば、収入につながる

    少しは楽をしても会社にいれば
    安心であるという思いがあります

    しかし自営業の人は全てをこなさなければ
    生計がなりたたない

    そのため一生懸命仕事をこなし
    あれこれ自分で考え行動をする

    この自営業、企業家の考えが
    今の自分に必要なのかもしれません

    ありがとうございます

  5. 本で読んだ採用条件。「運のいい人」、「いずれこの業種で独立を考えている人」

  6. 確かに、商売してる家の人と、そうでない人は、ぜんぜん違いますね。

    わたしは、公務員の家庭で育ちましたから、XXであらねばならない、という

    親の価値観に長いこと支配されていましたし、自分自身は、今は、会社勤めなので、

    商売の大変さというのは、わかりづらいです。

    もっとも、ご時勢で、口コミに少しと、インターネットビジネスに少し、かんでます。

    (成果はなかなかあがってません)その面からならわずかながら、商売は大変と思います。

  7. 経営者となり人の問題でいつも壁にぶつかります。
    私は二代目なので、もちろん子供のころから商売を当たり前に経験できました。
    ところが、採用する際、ついついお堅い職業の(公務員や銀行etc)家庭環境の人や、学歴等で判断することがあります。

    そうだ・・・。

    わたしが、納得できない彼らの行動は育ち方にあるのだと合点しました。

    私が社会人になったときは、バブル全盛期でOL時代を謳歌したこともあり休日や給与・・・もろもろ自分のことばかり考えて会社の事なんか二の次だったな~~と反省しています。

    壁にぶつかったら、商売人の娘とそうでない人の違いを肝に銘じ採用の際の参考にさせていただきます。          

    感謝

  8. とても耳の痛い話です。
    今、日本の会社はどこも元気がありませんが、
    一度解散して、ゼロからはじめたほうがいいのかなと思うことがよくあります。

  9. いつもメルマガを読ませてもらい大変良い勉強になり感謝しております。
    僕は小さな会社の経営者ですが思うことを素直に書き出したいと思います。
    失礼があれば申し訳ないですが・・・

    人事採用で実家が自営業されている方を選ぶのは本当に良いと思います。
    実際のところは本人のやる気(自営業の気質は70%ぐらいある)を、引き出すことと
    目標を持たせるということをしないといけませんね。
    僕の場合は、まだまだ経営者としては未熟で少し大変ですけどね。(笑

    30%は場合は甘えて育つこともありえますし、
    現代の若人達は(100%では無いが・・・)楽して稼ぎたいという人が多いと感じる中で
    全ての自営業者の子供が果たして100パーセントなのかなと思ってしまいます。

    僕よりも沢山の人を見ていると思いますが、
    まだまだ未熟なので思うことを書き出させてもらいました。

    生意気なことをすいません(T_T)

  10. 「成功者の情報収集法は書くこと。アウトプットすること。」今後はコメント記載欄があったら投稿することでこれを実践しよっと。記事と関係なくて失礼します。

  11. 実家が商売をしていると幼少より多くを学びいい人材はたくさんいるのは確かでしょうが、それでもはずれはいるものではずれは面接ではじいているからいい人材を取っているのでしょう。
    自分の場合は、何でもいいから熱くなって一生懸命やったものがある人と仕事をしたいです。
    何か特技があるというまでラインは厳しくなく、例えば野球が大好きだけど肩を壊してしまい選手としてはダメになってしまったけれどマネージャーとしてチームに貢献した人なんていい社会人になると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>