「8番目の孫」

from 杉本

数日前に、アメリカのテキサス州で、
8番目の孫が生まれました。

9番目は、10月にオハイオ州で、
10番目は、11月にアイダホ州で生まれる予定です。

一体何人目の孫まで、
私は会うことができるのでしょうか?

このビデオを見て、そう思ったのです。

孫には、色々な経験をしてもらい、立派な人格を備えた、
人様に役立つ人間になって欲しいと、
心から願っています。

ですから、孫が私たちのところに来ている時や、
私たちが、孫のところに行っている時は、
彼らに、美しい自然に触れさせ、
思い切り身体を動かすことや、
虫や生き物に接したり、
家族と楽しい体験をしたりして、
精一杯生きていると思える毎日を、
過ごさせてあげようと
頑張っています。

孫に、そう感じてもらうためには、
自分自身が、そう生きていなければ
感じてもらえないと思います。

精一杯、有意義に生きたと、
いえる人生にしようと思います。

育自コンサルタント
−自分を育てるお手伝い−

杉本恵洋(すぎもと しげひろ)

PS.

7つの習慣DVDでは人生において本当に大切な
ことが分かりやすく学べます。

もしあなたがまだ参加していないなら
ココから参加してみてください。
http://www.nextleader.jp/the7habits/freevideo/thanks.html

10 thoughts on “「8番目の孫」

  1. そんなご年配とは想像していませんでした
    精々30代か40代ぐらいかと…
    それはともかく、現在では、孫を水になくなる方は少なくなっていますね
    曾孫を見ることが可能な人もいるぐらいですから
    私の祖母は96で亡くなりましたが、そのとき、曾孫は18歳で、6人の孫と4人の曾孫がいたのです
    私の両親には2人の孫がいますが、これ以上は増えないでしょう
    何故なら、結婚したのが3人兄弟の中で妹1人だけですから

    1. die neue Frau さん

      はじめまして、坂井と申します。

      投稿された文章に不明点があります。

      >それはともかく、現在では、孫を水になくなる方は少なくなっていますね

      「孫を水に」は、「孫を見ずに」ではないのかな? と思っております。

       平成23年 5月20日(金)
           坂井 真

      1. admin さん

        こんにちは。
        「思い込みは捨てましょう!」
          http://www.nextleader.jp/2367/
        でお世話になりました、坂井です。

        die neue Frau さん が、
        私(坂井)の上記コメント投稿を
        知り得ていない可能性があると考えています。

        もし、必要性を感じるのであれば、
        admin さん から die neue Frau さん に対して
        坂井コメントの発生している事を、
        お知らせくだされば、と思っています。

        WEB情報は、全世界に対する発信だと
        私は思っていますので。

         平成23年 5月23日(月)
            坂井 真

  2. 「孫(まご)」のことに思いを馳せるくらい、物事を大きく見ることができれば、我が子を育てる時間が、とても有意義なものになる気がしました。
    まだ、ここまでの域には達していなかったので、今から考え方を変えようと思います。
    7つの習慣が、多くの子育て従事者にも広まることを願っています。
    私の県に本社がある通信教育の会社などの力を借りて、広めていただきたいくらいです。
    そうすれば、教育熱心な保護者が喜んで学ばれるでしょう。
    大企業の信用力は大きいので、一般人にとって安心なのです。
    子供や母親の口コミ力は多大ですから、商品の完成度がきちんとしていれば、衝撃的に広まる気がします。
    直感ですが(笑)
    ビジネス界に、一般のママ達は来ませんからね!
    ビジネス界には妖怪がいる!と思っている人が多く、怖い場所…という認識があります。
    そうではないのに…。
    このことを私が言っても、真剣に聴いてくれるママは、ほとんどいません。
    どうか、これからも、もっともっと広めてください。
    私は、今の私にできることを精一杯します。
    そして、いつか、必ず、このことを聴いてもらえる人になろうと思います。

  3. お孫さんがたくさんいらして幸せですね。
    僕も孫10人を目指してがんばります。
    今のとこ、息子1人で1歳です。

  4. おめでとうございます!
    私もこの10月に父親になる予定です。
    子供にどんな人生を送ってほしいか…
    あれこれ考えることが楽しいです。

  5. 私にも、5月9日に、8番目の孫が生まれました。かわいい女の子です。

    孫に自慢できるおばあさんになろうと思っています。

    今、畑で野菜を育てています。夏休みに、トマトをたべさせてあげます。

  6. 私はまだ未婚で
    自分の子供もまだいませんが、
    自分の子が生まれたら
    やはり子の幸せを願い、
    納得のいく人生を歩んで欲しいと
    思っています

    ただ私の願いばかりを
    押し付けるのではなく、
    子供の願いも受け入れ、
    成長していってくれるように
    しっかりとコミュニケーションを
    とっていこうとも思っています

    いつになるか分かりませんが、
    今から楽しみです

    ありがとうございます

  7. こんにちは

    最近連絡が遠のいた友人に、「I氏」を思い出しました。
    彼は私の友人のなかでも影響を与えてくれた方です。

    「なにか」と申しますと
    目上の方(上司)同世代(同僚)後輩(部下)へすべて敬語を使うこと

    それと、先般のお話にもありました、「アメとムチ」についてのことですが、
    ムチについて、「人前ではなく、2人の環境を作り伝える」と教えて頂きました。

    私も、感情と煩悩の「生き物」故に、完全に「まね」出来てません。
    しかしながら、学ぶこと見返すことは実行致しております。

    私の息子は小学3年生の為、孫を観れるか瀬戸際であります。
    「見たい」、「抱きたい」は山々ですが、
    「受容」と「感謝」の在り方を改めて実行し、会得して
    伝えることが私の役目だと思います。

    いつも課題なるものを与えて頂き有難うございます。(笑)

  8. おめでとうございます…。『幸せ便り…』

    メール配信にて…”ビデオ拝見”!!
    私の心にも…こみ上げるものが、伝わりました…。

    『精一杯生きていると思える毎日を、
    過ごさせてあげようと…頑張っています…。

    孫に、そう感じてもらうためには、
    自分自身が、そう生きていなければ…
    感じてもらえないと思います。

    精一杯、有意義に生きたと、
    いえる人生にしようと思います…。』そうです~ネ…^^

    人は…『人生の生きざま』…言葉でなくその人の歩んできた道(行動)
    お手本に…学んでいきます~ネ!!
    今までの現状の私達の人生観はネガティブ…でしたでしょうか><
    これを…ポジティブな人生観に…変えていく…!今!当にその時!
    それが何らかの人々に影響を及ぼしていく事でしょう…^^

    ありがとうございます…。     (SAKURA…)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>