これであなたの無意識がわかります

Fotolia_84365996_Subscription_XXL_convert_20150703171816

 

 

 

 

 

 

From:ネクストリーダーチーム 近藤

今日は、

原田先生の簡単なテストをお送ります。

すぐにできて、あなたの無意識に
考えてることがわかる面白いテストですので

ぜひやってみてください。

 

———————————

簡単な言葉を使ったテストに
お付き合いください。

「やっぱり」という言葉を使って
簡単な文章を作ってみてください。

「やっぱり・・・・だった」
というような感じです。

短い文章で結構です。

 

さて、私たちは、日常会話においては、
ほとんど瞬間的に言葉を選び発しています。

家族との会話、
仲の良い友達や同僚との会話、
あるいは独り言など。

また深刻な場面や
何か問題が起きた時などには、

 

私たちは「言葉を選ぶ」ことをします。
しかし、それ以外の気楽な場面では、
無数の候補の中から慎重に言葉を選ぶ代わりに、

「普段使いなれた言葉」

を優先的に選びます。

選んでいるという意識すらありません。
無意識の反応です。

 

さて、最初の「やっぱり」という言葉を
使った作文に戻ってみましょう。

「やっぱり・・・だった。」

 

さてどのような文章になったでしょうか?

できあがった文章は
大きく2種類に分かれます。
1種類は

「やっぱり行って良かった」
「やっぱり仕事は楽しい」
「やっぱり友達は最高」

など、プラスの意味を持つもの。

もう1種類は

「やっぱり駄目だった」
「やっぱりやめておけばよかった」
「やっぱり嫌いだ」

など、マイナスの感情を表すものです。

 

さて、読者の皆さんは、
どちらの作文を作られたでしょうか?

作文の目的を知らされず、
ほんの数十秒で作った文章には、

その人が普段無意識に、何気なく、
しかも繰り返し使っている表現が現れてきます。
さらに「やっぱり」という言葉は、
私たちが日常生活で頻繁に使う
表現でもあります。

心を変えるのではなく、
態度や行動や発言を少し変えてみる。

それを意識的に繰り返すことで、
人間の心は変えることができる。

 

無意識のうちに使う「言葉」
それを意識して変えてみてください。

「やっぱり駄目だった」
という作文を作った方がおられたら、

今すぐ実行できることをしてみましょう。

 

「やっぱり・・」の作文を
もう一度作りなおしてみてください。

ご自身に「気付いた」のですから、
次は実行するだけです。

発言・行動を変えることで、
確実に考え方=心が変わっていきます。

 

「一寸先は・・・光です」は
その考え方を象徴する私のクレドです。

一寸先は、もちろん、光です!

ありがとうございました。

原田隆史

(原田研究所公式メールマガジン「一寸先は・・・光です」より)
———————————

 

PS
何気なく使う言葉は
あなたの習慣から生まれます。

習慣を前向きに変えたいのであれば
この原田メソッドを試してみてください。
http://www.business-training.jp/harada_method/sp/index0707.php

※明日まで特別価格です。

 

 

4 thoughts on “これであなたの無意識がわかります

  1. 本当に自分の中には否定的思索が有ることに気づきました❗感謝♪申し上げます。
    良い思索が習慣になりますように。

  2. いつもいかに否定的なことばを使っていたか
    よくわかりました。
    ひとりごともポジティブにいきたいと思います。
    ありがとうございました。

  3. いつもいかに否定的なことばを使っていたか
    よくわかりました。
    ひとりごともポジティブにいきたいと思います。
    ありがとうございました。

  4. 「やっぱり、アイツは落っこちたか」と作ったのですが、直後「やっぱり、コイツは受かったか」とも作ったのです。自分の中に二面性がるのでしょうか?

やっさん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>