習慣化のワナ

Fotolia_80611709_Subscription_XL_convert_20151016102840

 

From:ネクストリーダーチーム 近藤

 

「習慣化」

 

本や雑誌などで
よく目にするキーワードですね。

 

でもこの習慣化には
ある恐ろしい罠が潜んでいます…

 

今日の原田先生のお話は
「習慣化の罠」です。

 

———————————

原田メソッドや未来作りのお話、
或いは人材育成の話をするときでも、

私は常に「ゴールセッティング」
の重要性を一番に伝える。

つまり「どんな未来がほしいのか」
ということを決めるからこそ、
具体的なアクションが決まるということである。


闇雲に、なりふり構わず、
ともかく行き当たりばったりでも、

という気概は大切だが、
いつも闇雲に行動しているだけでは、
心身ともに消耗も激しく、おそらく実りは少ない。


すでに言い古された言葉ではあるが

「行き先を決めるから乗る電車が決まる」

ということだ。

たまには当て所のない旅に出るのも良いだろう。
しかし、ずっと当て所のない旅をしているほど
人生は長くない。

 

 


さて目指したい場所が決まれば、
そこにたどり着くために
何をすれば良いのかを考えるのが、
所謂“目標設定”の約束事だ。



ここで、実に多くの人が
「習慣」の罠に落ちるのを、
私はこれまでに何度も見てきた。

習慣とは、現実の行動だけを指すのではない。
思考にも習慣があるのだ。


つまり、まだ達成した事のない
新しい目標を目指すというのに、
これまでと同じように考えて、

その結果、同じような行動を思いつき、
そして取り組む、ということである。

私たちの研修やセミナーでも、
目的・目標設定をしたあと、
その達成のための具体的行動を考えてもらう。

期日を決めて取り組む行動もあれば、
達成のために毎日(毎週、定期的に)
取り組むルーティン行動も設定する。

 

多角的に目的・目標を考えた後は視野が広がり、
ルーティン行動はどなたもスラスラと作られる。

皆さんがだいたい7〜10個ほどの
ルーティン行動を作ったところで、
私はいつもこう質問する。

「さて皆さん、今決めたルーティン行動のうち、
今までで、すでに取り組んでいる行動には
NOW(今)の頭文字Nをつけてください。
これまでに取り組んだことのない新しい行動には
FUTURE(未来)の頭文字Fをつけてください」

そうすると、多くの方が作った
ルーティン行動の大半に“N”をつける。

つまり、今すでに取り組んでいて効果を感じられる行動を、
ルーティンとして設定しておられるということだ。

そこで私はすかさず付け加える。

「まだ達成した事のない目的・目標に
チャレンジするのに、今までやっていた行動の反復や継続で、
本当に新たな成果が出せるのですか?」


すると皆さんはハッとした顔つきになり、
頭を掻きながらルーティン行動の再設定をされる、
というわけだ。

 

私たちは、過去にうまくいったことに、
ともすると“囚われる”ことを知っておいて損はない。

もちろん、再現可能で反復性のある
「こうすればうまくいく」を自覚しておくことは重要だ。

「こうすればうまくいく」を体験的に学び
反復すると、その感覚が強化されていく。

小さな子どもが、
遊んだ後のおもちゃを箱に片付けることができたら
「片付けができたね、えらいね」と褒めてあげる。

すると、次回もきっちりと片付けようと
考えるようになるだろう。

うまくできたこと・成功体験は
繰り返すほどに強化され、
その人の根っことなる自信や自己肯定感を育てていく。

 

だからといって、
「今回うまくいったから、次回もうまくいく」
とは限らないのが現実だ。


その事に気付き、つまりは
目指したいゴールと現状を冷静に判断し、
変えるべきものと残すべきものを
判断する必要があるということだ。

取り組み慣れた行動には安心感がある。

こうすればうまくいく、とわかっているのだから。

しかし、その行動は

「今(そして過去)はうまくいく」

行動である事をよくよく理解しておかねばならない。


あなたが未来に設定したゴールは、
あなたが今まで達成したことがない、
チャレンジングなゴールのはずなのだ。

 

ゴール設定をして目線が未来を向いたはずなのに、
いざ具体的な行動を考えるときに、
その視線を「現状と過去」に戻してしまう人が多いのである。

現実から行動を考えても、
まさに「現実的」な行動しか思い浮かばない。

それが私の言うところの
“囚われている”という状態だ。


視線をもう一度未来に向け、
未来のゴール・理想に基準を置いて、
行動を考えてみる。

すると、新しい行動が思い浮かぶはずだ。

チャレンジせざるを得ない、
という大変エキサイティングな状況が生まれるはずだ。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

原田隆史

(原田研究所公式メールマガジン「チャレンジの必要性」より)

———————————

PS
この本を読んで、あなたも
新しいチャレンジ、自分を手に入れませんか?
↓ ↓ ↓
詳細はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>