人のお悩みNo.1

Fotolia_105729474_Subscription_XXL_convert_20160705191828

『80%psychology 20%mechanics』
(80%はサイコロジー、20%はメカニクス)

この言葉は、世界No.1コーチである
アンソニー・ロビンズの言葉。

 

彼は、世界的な元テニスプレーヤーのアンドレアガシや、
大統領クラスの人などを
たくさんコーチしている超有名人で、
ビジネス界のスーパースター。

 

もちろんアンソニーは、一般の人も
たくさんコーチしているのですが、
そんな中で最も多く出てくるのが
「お金」の問題だそうです。

 

そんな彼が、
“どうやってお金を稼ぐか?”
と言うテーマに関して言った言葉。

それが、冒頭の言葉です。

直訳すると「80%は心理。20%はやり方」

 

なぜ、心理が重要?

 

お金を稼ぐ事に、どうして心理が
関係あるのか?

ほとんどの人はこう言います。
「やり方を教えてください」
「どうすればいいのですか」
「お金を稼ぐ方法は・・・?」

しかし、ほとんどの人はやり方を知ったとしても、
その方法を実行して、
実際に結果を出す事はありません。

 

「ダイエット」にしても、
「学生時代の勉強」にしても、
そして、「お金を稼ぐ事」に関しても、

僕たちは、成果をだす方法を知っていますし、
その能力も持ち合わせています。

 

仮にもし、今、この瞬間に方法を知らなかったとしても、
その方法を知る手段は、どこからでも
入手することができます。

しかし、その方法を知っているにも関わらず、
実践しない方がほとんどなのです。

 

「なぜ実行しないの?」

 

それは、やり方だけでは足りないから。。
方法論だけで、成功するのはほぼ無理。
どういう心理を持っているか?によって、
その人の行動は全く変わってきます。

なぜなら、何かに挑戦しようとしたときに、
僕たちは、

「ダメだったらどうしよう・・・」
「本当に上手くいくのかな・・」
「損したらどないしよ・・・」

などの不安を持ってしまいます。

 

だったら、「今のままでもいっか!」と
諦めてしまうのです。
だけど、これはすご~く正常な反応です。
なぜなら、人間は『現状維持』をしようする生き物だから。。。

今、さらっと言いましたけど、
大切な言葉なので、もう一度言います。

人間は『現状維持』をしようする生き物なのです。

これは、人の生理的な機能です。

 

 

お金持ちになれない理由

 

自分は、
「平凡な人間」
つまり、
「私が、大金持ちになるなんて・・・想像できないわ。」

なんて思っていたりしたら、
どんな方法を知ったところで、
もしくは、がんばってそれを実践したところで、
無意識で、その方法を途中で止めてしまったりして、
成長を止めようとしてしまうのです。

 

実際には、

「やってみたけど、環境が整わなかったので・・・」
「ちょっと自分には、他にもっとやるべきことがあった事に気付いたから・・・」
「家族の反対にあって・・・」

などというもっともらしい「理由」がついてくるので、
自覚がないわけです。
そして、それ以外の方法を探し始めて、、、、
新しい方法が見つかったとしても、また

「******だから、これはできない。。。。」

というように繰り返されていくのです。

 

全て、僕たちの行動は、自分で意識して選択しているようで、
無意識下にある深層心理が反映されているわけです。

あなたは、お金を稼ぐ事を難しいと考えていませんか?
あなたは、お金を稼ぐ事を悪い事だと考えていませんか?
あなたは、自分がお金持ちになれることをご存知ですか?

今日の言葉をもう一度良く考えてみて下さい。

 

『80%psychology 20%mechanics』
「80%は心理。20%はやり方」

人を幸せにするお金の使い方はたくさんあります。
お金はたくさん稼いじゃえば、いいんじゃないでしょうか?

そもそも、人がお金を出す時点で、
あなたの提供するものに価値を感じてくれているのですから・・・

お金を稼ぐ事に抵抗する必要はないと思いませんか?

 

ー飯村 匡博

 

 

PS.
あなたの「できない」思い込みを外すには
この本がオススメです!
↓ ↓ ↓
詳しくはこちら
 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>