ストレスをためない3つの原則 Part2

 

Fotolia_107445506_Subscription_XXL_convert_20160725141145

 

From:リー・ミルティア

 

先週お伝えしたように、
時代遅れの考え方や信念を捨て、
新しい可能性、新しいチャンスに向けて
心をオープンにし、生活の中の「不用品」を
処分するという考え方は大事です。

今週は、ストレスをためない3つの原則 Part2をお届けします。

 

「ガラクタを処分してお金を稼ぐ方法:
ストレスをためない3つの原則 Part2」

バーバラ:ヘンフィル

 

『全てが置ける場所』

そして「全てをその場所に置く」
という意味ではありません。
ここに注目してください。

生活していると何かと散らかってしまいますね。
でも、問題はそのガラクタではなく、
「ガラクタを捨てようと思ったとき、
どうしていいのか分からない」
と言う点です。

普通の人は、年間150時間使って探しものをする
という調査結果があります。

新しいプリンターの修理代を請求するために、
プリンターの保証書を探し、時間を無駄にする。

さらには車の鍵、メガネ、
次の休暇で使うスポーツ用品、
母親に買ったプレゼントを
探すために時間を無駄にする。

皆さんもそういった経験はありませんか?

 

 

ヘンフィルの原理

 

自分が持っているのかが確かではない、
または、探しても見つからない。

もしそうであれば、
それは自分にとって価値がないもの。

探し物で時間を無駄に使うということは、
自分の時間、スペース、お金、
エネルギーを失うことになります。

これから紹介する原理を活用して、
今こそ人生をシンプルにしてみませんか?

 

 

過度な責任イコール無責任

 

どのスーツも大きくて、サイズをみたら34だった。

そんな時は、

・実際に私は何着のスーツを着ているのだろうか?
・スーツのためにクローゼットのスペースを
こんなに使ってよいのだろうか?
・これだけスペースを使って自分はどう感じるのだろうか?

と自問してください。

罪悪感、気分がふさぐ、イライラするなど、
否定的な答えしか浮かばないのなら、
そのスーツを喜んで着てくれる人に
譲ってあげましょう!

喜んで着てくれる人がそばにいるのに、
着る時がまた来ると思って取っておく。

これではチャンスをみすみす逃しています。

なぜこの整理整頓に金銭的な価値があるのか、
その理由を教えましょう。

 

ある調査によると、非営利団体に寄付する人は、
わずかながら控除を受ける事ができ、
これは法的に許されています。

税金の控除額が監査で問題になると
心配しているのなら、これを課税控除にします。

このように記載すると、$300の税金控除
または還付金がもらえました。

過去私は3箇所に寄付したと記載し、
課税控除$150としたら、
なんと$1038も控除されました!

このような事も私のプログラムでは教えています。

 

正統派のインテリアには不釣合いな
アバンギャルドな花瓶を置いたり、
全く自分のためにもならない高価な皮製の
カレンダーを置いてどうするというのですか?

親戚などから贈り物を貰ったら、皆さんが
ありがたいと感じていればいいのであり、
その後それをどうするかは贈った人には
関係ないはずです。

どうしても気になるのなら、
クローゼットに保管しておきましょう。
そうすれば、その人たちをディナーに
招待した時でもその贈り物が取り出せます。

高価な贈り物を貰った。

でも、それには値札がついているのでしょうか?
それとも高価な物を貰うことが
その人の価値を表すのでしょうか?

クローゼットの奥深くにしまいこむよりも
それを欲しいと思う人にあげる方が、
意味があるのではありませんか?

 

その他に、こんなガイドラインもあります:

ボロボロになった靴は処分しましょう
そんな靴を履きたいと思う人はいないのですから!

まずは、自分のものから処分しましょう
家族に協力してほしいのなら、相手を責めるよりも、
自分から率先して処分して、見本を見せましょう!

心からありがたいと思うのなら、
自分が取っておきたいと思うものでも、
それを必要としている人にあげましょう!

 

愛ある人生を!

リー・ミルティア

 

PS.
身の回りが綺麗になったら、
次は自分の内面を、じっくりと
見つめてみませんか?

詳細はこちら

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

2 thoughts on “ストレスをためない3つの原則 Part2

  1. いつもいつも価値のあるブログをありがとうございます。
    今回のブログでは、
    ・ボロボロになった靴は処分しましょう
    そんな靴を履きたいと思う人はいないのですから!
    という記載がギクリときました。。。
    ミルティアさんは、私の下駄箱の中を見たりしてはいないですよね。アメリカに住んでいるから、私がいる日本にいるはずはないとは思っていますが。。。鋭く私の今の状況を言い当てられてしまいました。
    いずれにしても、ボロボロになった靴は、ご指摘のとおり、先ほど処分しました!

  2. いつもいつも価値のあるブログをありがとうございます。
    今回のブログでは、
    ・ボロボロになった靴は処分しましょう
    そんな靴を履きたいと思う人はいないのですから!
    という記載がギクリときました。。。
    ミルティアさんは、私の下駄箱の中を見たりしてはいないですよね。アメリカに住んでいるから、私がいる日本にいるはずはないとは思っていますが。。。鋭く私の今の状況を言い当てられてしまいました。
    いずれにしても、ボロボロになった靴は、ご指摘のとおり、先ほど処分しました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>