リーダーに必要な10の特性 <後編>

s_Fotolia_115753220_Subscription_XXL

 

From:リー・ミルティア

 

今回は 前回の続き
「 リーダーに必要な10の特性 」
後編をお届けします。
(前回をご覧になられてない方はこちら

 

1.本気になる

自分の目標、目的や大義に向かって
がむしゃらになり、
それを表さなければいけません。

自分の望みを叶えるためなら
どんな事でもするという
一点の曇りも無い気持ち。

これが 「 本気 」 です。

本気になることが出来れば、
その気持ちが自分を
後押ししてくれます。

どんな難問が自分に
降りかかってきたとしても、

トンネルの先にある光が見え、
さらに前に進み続ける。
これが「本気」です。

挫折や失敗したとしても、
それはちょっとしたつまづき、
人間形成のための経験、
成長できるチャンスだと考えてください。

明確な自分の意思を持ち、
目標を達成させると本気で思うと
マジックが起こります。

 

2.信念を持つ

自分や周りの人たち、
そして必要なときに、
サポートし導いてくれる神を
いつでも信じましょう。

奇跡や驚くべき結果を
期待するのであれば、
まずは驚くべき結果を探し、
それに合わせて心の準備をします。

自分にはどんな困難も
対処できる能力、
才能、労働意欲があると
信じなければいけません。

 

3.冷静になる

人生に振り回されるのではなく、
自分で人生を切り開いていきましょう。

問題や困難な事や
危機的場面に遭遇しても、
冷静さを失わず、バランスの取れた
生活ができるよう、
毎日自分で正しい判断を下しましょう。

正直に自分を見つめた場合、
自分の目標や長期的プランを叶えるために、
今自分ができる最善のアクションとは何か?

1分でもよいですから、
自分に問いかけてください。

心を落ち着け、意固地にならずに考えると、
正しい判断ができます。

 

4.勇気を出す

怖い事が起きると、人は臆病になります。

でも知っていますか?
恐怖の意味のFEARとは、実は
「 Fantasized Experiences Appearing Real 」
( 現実をファンタジー化させた体験 ) の略語です。

賢くリスクを負い、恐怖を克服すれば、
成功への階段を一歩昇れます。
今こそそれを実行しましょう!

勇気があれば恐怖など感じません。
怖いと思っても、先に進みたいと
強く思うのが勇気です!

 

5.夢中になる

忘れないでください。

情報が人を動かすのではなく、
感情が人を動かします。

ある意味、誰もがセールスマンです。

勝者になるには、
自分のポジティブエネルギー、
情熱、モチベーションのレベルを
保ってくれる情報を
常々自分の心や生活に
取り入れなければいけません。

何かに夢中になっている人は
カリスマ性があります。

その人がいると、
ポジティブなエネルギーが流れてくる。
そういう人のそばに誰もがいたいと思います。

 

6.誠実になる

心から成功したいと願うのであれば、
自分の倫理感に沿った生き方をする。
そのためには、正直に、寛大に、
そして公平になると
自分に約束しなければいけません。

人格者としてのリーダー、
ロールモデルになると決心してください。

自ら立ち上がる、誠実な人を
社会は強く求めています。

リー・ミルティア

 

 

PS.
リー・ミルティアが
成功の秘訣を伝授しています。
↓ ↓ ↓
詳細はこちらをクリック

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>