アメリカ人の3人に1人が、、

 

ある本によると、、

アメリカ人の3人に1人が肥満症ー。

だそうです。
肥満症とは、
寿命を縮めかねないほど
太っているということ、。

で、アメリカだけでなく、
その他の国やここ日本でも、
数多くの減量プログラムやダイエット食品などが、
販売されて、売れまくっています。

実際には、
食べ過ぎないようにして、
毎日適度な運動をするだけで、
全ては解決するのですが、、

とはいえ、、、

そんな肥満の原因として、
面白い説があるのです。

それは、、、

肥満は飢餓への恐怖から来る

ということです。

これだけ飽食の時代に、
飢餓なんておかしいかもしれませんが、
ある学者によれば、

人類が進化をとげた時代の最大の
脅威はガンや心臓病ではなく、飢餓だった

ため。

飢えが脅威だった頃、
生き残りの可能性が最も高かったのが、
食料が豊富なうちにできるだけ多くの脂肪分を
摂取して、蓄えることができる個体だった

なんていう説があるのです。

つまり食べ過ぎは遺伝子レベルの働きなので、
仕方ない、と。。

とはいえ、、、

人類全員が肥満というわけではありませんので、
遺伝子レベルで、
食べようという欲求があろうが、
自分を律して、
運動をして、
食べるものを選定していけば
太ることはないわけですよね。

しかし、、、

自分が知らない間に、
無意識で支配されてしまっている
ことってよくあると思います。

・自分は記憶力が悪い、、
・自分はスポーツが苦手だ、、
・私は太りやすい体質だ、、、

なんていう思い込みが、
自分の行動を支配して、
そういう結果を引き寄せている、
なんてことは実際にあるわけです。

良い結果を引き寄せる無意識や思い込みなら
大歓迎ですが、

悪い結果を引き寄せる無意識や思い込みは、
迷惑ですよね。。

自分の生活を省みて、、

なんとな~く悪い結果を引き寄せていると
思われる思い込みがあるなら、、、
ぜひ、変えてみてくださいね。

ー飯村匡博

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>