運が悪い人へ、、

スクリーンショット(2014-03-13 18.42.03)

僕は格闘技が好きです。

で、好きなファイターに
ダニエル・コーミエという
選手がいます。

彼は、、

11才からレスリングを始め、
高校で3度の州王者になりました。

カレッジに進学後、
選手権を2度制覇。

その後、
オクラホマ州立大学に編入し、
3度のオールアメリカンに選ばれました。

2004年には
アテネオリンピックに出場。

2008年も全米選手権、
代表選考会共に優勝し、
北京オリンピックにも
代表として選ばれました。

2009年には、
プロ格闘家に転向し、
2012年には
ストライクフォースという団体の
ワールドグランプリトーナメントで優勝。

2013年にUFCという
世界最大の団体に移籍し、
2015年5月23日には、

ついに世界最高峰の総合格闘技団体で
ライトヘビー級の王座につきました!

まさに、
順風満帆な人生!!

しかし、彼には、、

もう一つのヒストリー

があります。

7才の頃の感謝祭で
父親が射殺されました。

2004年のアテネオリンピック選考会の
直前に生後3ヶ月の娘を交通事故で
亡くしました。

そのような状況でオリンピックに出場、
3位決定戦で敗れてしまい、4位
メダルには惜しくも届かず、、

4年後、、

圧倒的な成績で、
北京オリンピックの代表に選ばれるも、
腎不全のため初戦で不戦敗。

プロ転向後、
2012年所属していた
ストライクフォースは消滅

人生に運は必要?

何かで結果を出した人は、
誰もがこう言います。

「運が良かった」

しかし、
運が良いと言っている人の
話をよくよく聞いてみると、、

たくさんの不運や障害、
困難に会っています。

にも関わらず、
それに負けずに突き進んだ人が、
運を掴んでいるだけの話に思えるのです。

結局、運・不運って
自分自身の解釈の問題なのかな、と。

ただ、
「自分は運が悪い」
ということによって、

 

 

“だから**できなかった”

 

 

という結論を
引き寄せているような気がします。

ひょっとしたら、
運の良い人や運が悪い人というのはあるかもしれません。

ですが、、、
運が良かろうが悪かろうが、
目標に向かって、
自分のやるべきことをやらないと、
モノゴトを成し遂げることはできませんよね。

結局、、、、

最終的には、
自分がどれだけ、
目標に向かって進み続けるか?
ということで、
人生決まるんじゃないでしょうか?

ー飯村匡博

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

3 thoughts on “運が悪い人へ、、

  1. いつも、読んで考えさせられる文章だなと思っています。そして諾かされます。
    自分の感心外の世界の例えで、新鮮に感じるのもあると思います。
    よい刺激をもらっています。

  2. 運が悪い人は沢山努力して大切な時にダメになります。その後本当に進むべき道は何か?どうすれば良いのか?を考えて思い込みの無い❗他力も借りる❗と謙虚になった時にアドバイスをもらえたりスポンサーが現れます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>