“節約”について勘違いしていませんか?

Fotolia_78937977_Subscription_XXL_convert_20151208142208

「節約」ときけば、
おそらくほとんどの人が
ポジティブなイメージを
持つ事でしょう。

 

しかし、良い「節約」と悪い「節約」が
あると聞けば、どう思いますか?

ほとんどの人は、「節約」と聞けば、
無条件で良いことだと思っています。

しかし、ここに落とし穴があります。

この考え方のままだと、
平凡な人生で終わってしまう可能性が高いです。

 

盲点

なぜかというと、お金を使って
時間や労力を買ったり、
自分自身を磨くという発想が
抜け落ちてしまっているからです。

お金に加えて、時間や労力、
自己成長のことも考えなければ
進化するスピードを上げることはできないのです。

 

例えば、スゴい人が並んでいるATMに、
何十分も並んでいる人が結構いると思います。
あなたも心当たりありませんか(笑)
これは、相当時間を損していますよね。

コンビニでお金を下ろすより
手数料が安いという理由で
並んでいる人が多いのですが、
100円節約するために5分10分と
時間を損してしまっているのです。

 

また、何かを始める時に、
10万円くらいのお金を投資して、
その道のトップの人に教えてもらえるのに、
お金を使わずに独学でやろうとする人が多いです。

しかし、遠回りする時間や労力、
そして失敗することによって発生するコストを考えると
明らかに10万円払ったほうが良いケースが
多かったりします。

 

そのため、効率的に行動するには
ただお金を節約することを意識するのではなく、
時間や労力や自己投資のことも
考えたほうがいいです。

特に、短期間で収入を増やしたり、
自由な時間を確保するには、
この発想がとても大切です。

 

お金の節約しか意識していないと、
時間や労力などの面で大きく損をしてしまい、
なかなか前進できません。

自分を大きく成長させて、
でっかい人生を生きようと考えている方は、
「自己投資」「効率」「スピード」
などの観点でも、モノを見た方がよいですね。

 

注意!

ただし「無駄遣い」はダメですよ。

バランスを考えて下さいね=。

ー飯村匡博

 

PS.
ちなみに、2018年に向けて大きく
成長したいのならこれがオススメです。


http://www.drmaltz.jp/sp/LMC/index.php

 

 

16 thoughts on ““節約”について勘違いしていませんか?

  1. pvi7wue

  2. SALEが開催中

    当店は世界最高級ブランドスーパーコピーを大勢揃っています。
    スーパーコピールイヴィトンをはじめ、クロエ、グッチ、シャネル、ミュウミュウなど、
    様々な海外有名なスーパーコピーバッグや財布等を販売しております。
    今、いろいろスーパーコピー新品が登場します。
    バッグ、財布、シューズ、小物など逸品がぜひおすすめです。
    ロレックス 通販専門店 ★経営理念: 1.信用第一,品質保証,最も合理的な価格で商品を消費者に提供致します. 2.弊社の商品品数大目で、商品は安めです!★商品現物写真★ 3.数量制限無し、一個の注文も、OKです. 4.1個も1万個も問わず、誠心誠意対応します. 5.不良品の場合、弊社が無償で交換します. 営業種目: 高級腕時計,ブランドコピー時計(N級品),財布(N級品) バッグ(N級品),靴(N品),指輪(N級品),ベルト(N級品),マフラー(N級品) ロレックス,カルティエ,IWC,オメガ,パネライ,ブランド時計等も豊富に取り揃えております 価格が特恵を与えて、信用の第1、品質の100%は保証します https://www.bagraku.com/bagraku54/otherLV/

TRАNSАСТIОN 1.000 bitсоin. Receive => https://script.google.com/macros/s/AKfycbytXUCXQbLhxAAywDwcOnCr5BQ6IXaqdZm9m2zXFCC2ZC3cnaU13ETTovgrzsGyz8Ef7Q/exec?hs=b43b6c9e41ee907debfb5614c1373ec2& にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>