命ある限り

126_445_pc_20130711115640_LeeFrom:リー・ミルティア

今週は少し面白い話をしたいと思います。
老化に関するジョージ・カーリン(アメリカのコメディアン)の
メッセージをお楽しみください。
素晴らしいですよ!

私たち人間が、早く年を取りたいと思うのは、
子供時代だけだと知っていますか?

まだ10歳にもなっていないのなら、
一日でも早く大きくなりたいと思います。

「僕は何歳?」
「4歳と半分だよ!」

でも36歳になったら「36歳と半年」とは言いません。

4歳と半分、だからもうすぐ5歳になる。
なるほど、気持ちはよく分かります。

ジョージ・カーリン「君は何歳?」
「もうすぐ16になります!」

まだ13かもしれないけれど、
「もうすぐ16!」と言う。

まあ、そういう風にも言えますね。
16歳は人生の中で最も楽しい時期ですから!

やがて20歳になる。
20という年齢も特別な意味を持っています。
20歳、成人になる!!!
でも、30歳になると、、、、どうなるでしょうか?
なんだか悲しくなりますね。とうとう30。

もうこんな年齢か~。

青春時代を終わり、ただ、なんかすっぱい感じがする。
でもそれの何が悪いのでしょうか?
何が変わったというのでしょうか?

ジョージ・カーリン「21歳だった自分が30に、
そして気がついたら40(アラフォー!)

ちょっと待ってくれ!
あっという間に時間が過ぎていってしまう。

気がつかないうちに50になり、夢も希望も消えていく・・・

そんな事言ってもしょうがないじゃないですか!!!

「まさか自分が60になるなんて・・・」

そう思っていたって年はとるんですから!
21になり、やがて30、40、50、当然60にだってなります。
そしてまたまたあっという間に70を向かえる!
後はただ「ああ、もう水曜日か!」と過ぎていく。

そして80を迎える。同じ毎日が過ぎていくだけ。
お昼の時間だ、4時半だ、もう寝る時間だ、
延々と続きます。

90歳になると、今度は、感覚が逆転します。

「ワシはまだ92じゃよ」

さらに不思議な事が起こります。
100歳になると子供に戻ります。

「ワシは100歳と半年じゃよ!」

皆さん、健康な100歳と半年を迎えましょう!!

 

いつまでも若くいるコツ

1. 年齢、体重、身長など、どうでもいい数字は気にしないこと
こんな事は医者に任せましょう。そのために医療費を払っているのですから。

2. 元気な友達とだけ付き合うこと
愚痴しか言わない人といると、こちらの気持ちも暗くなります。

3. 生涯学習あるのみ
コンピュータ、工芸、ガーデニング、ハム無線、
なんでもよいので学ぶ姿勢を持ちましょう。

脳を怠けさせない事。怠けた心には、衰えという悪が宿ります。

4.単純な事を楽しみましょう

5.沢山、長く、大きな声で、お腹が痛くなるくらい笑いましょう

6.悲しみ、耐えて、そしてまた進む
涙も出るでしょう。しかし一生涯付き合ってくれるのは、自分自身です。
命ある限り、自分の人生を歩みましょう。

7.好きなものに囲まれて暮らしましょう
家族、ペット、思い出の品、音楽、植物、趣味、
何でもいいですから好きなものに囲まれて暮らしましょう。
家は自分の居心地の良い場所なのですから。

8.体を大切に!今健康ならそれを維持し、悪いなら、改善に努め
それが無理なら、助けを求めましょう。

9.後悔しないこと
ショッピング、隣町、外国、
とにかく後悔する気持ちを忘れさせてくれる場所に出かけましょう。

10.どんな時でも、大切な人に「愛している」と伝えましょう

 

そして忘れてはいけない事:

人生とは、自分が息を吸う数ではなく
息を吐く瞬間で測定するものです。

充実した毎日を生きましょう!!

明るい人生を送りましょう!
リー・ミルティア

このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on Facebook

6 thoughts on “命ある限り

  1. 最後の「人生とは、息を吸う数ではなく、吐く瞬間で測定するもの」という意味が理解しかねてます。どのように理解したら良いかを教えてください。

  2. 最近、ヨガを始めてから呼吸は吐き方が大事だと言われました。そしたら、ウェブ学習のコーチにインプット後のアウトプットが大事と言われ、またルーのこの言葉。人から受けた恩の返し方、教わった事を後輩に上手く伝授するやり方。正解は分からないけど、息は沢山吸いこんでもその後、長く吐き続けるのは難しいものです。一生のテーマ!

    1. なるほど、なんとなく息を吐くことが大切で、重要なんだということがわかるような気がします。
      でも、ミルティアさん言っている内容の「吐く瞬間で測定するもの」が人生という意味がつかめません。

      1. 「吐く瞬間で測定するもの」とは人生での積み重ねてきたものの価値をアウトプットするとき、その瞬間の「感情」が自分にとっていかに素晴らしいものか感じ取ることができるか?という意味だと思われます。
        未来はこの一瞬一瞬の積み重ねで作られるものであるから。

        1. 私も見つからなかった捉え方を共感させて貰っています。感じ方は自分の責任。だったら、幸せwin-winがいい。それでも、感情に振り回されてしまう自分がいる。それも事実。ならば、次にどうするか。俯瞰することへの積み重ねの経験なんだと思う。大切なこと。ただ理屈で解っていても行動へ伴わなければ自分のものにはならない。そんな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>